女性が接客してくれお酒を飲むというお店にはいろいろな形態があります。
昔ながらのスナックもママと一緒に女の子がとなりに着席して
接客してくれるところがありますし、カラオケなどで女の子がデュエットしてくれるところがあります。

キャバクラなど女の子が隣に座って時間制で接客をしてくれるところもあります。
そして話題になっているのがガールズバーです。
ガールズバーとはカウンター越しに女の子の接客を受けられる形態のお店です。
お客さんはカウンター席に着席して、接客するバーテンダーは、
立ったままでカウンター越しに会話をしたりお酒を楽しんだりするのです。
キャバクラなどに比べて料金も良心的でショットバーのような、
感覚で女の子との会話を楽しむことができるところがこのガールズバーの特徴です。

男性だけではなく女性も来店できるという気軽さもいいですし、接客してくれる女性は20代前半の娘が多いのも特徴です。
女の子は一般的にはネクタイをしたバーテンのようなスタイルの店が多いようですが、
コスプレなどのコンセプトがあるガールズバーもあれば露出度の高い衣装をバーテンが来ているガールズバーなどもあって様々です。
飲み放題をとっているところもあればテーブルチャージで時間単位で加算していく店もありますがキャバクラなどに比べると料金が良心的で安心して楽しめます。

一般的に、バーというとなんだか一見さんでは入りにくい印象があったり、気難しい中年の男性バーテンがカウンター向こうでグラスを磨いているという印象がありますが、ガールズバーはもっと敷居が低く、気軽にお酒を楽しみながら会話もできるというところが魅力です。
女の子と会話を楽しむような店はお酒に力が入っていなくて質があまりよくないところもありますが、ガールズバーはショットバーの一種なのでお酒にもこだわりがあり、出来たてのカクテルを提供してくれるのでお酒好きでも楽しめる魅力があります。

キャバクラで働く女の子には同伴出勤などのノルマがあったり指名の本数が時給にダイレクトに反映してくるので営業などにも熱心にならなくてはいけないのですが、ガールズバーでは女の子も同伴出勤などのノルマがないので、キャバクラ嬢のように競争が発生せずに和気あいあいとした雰囲気の中で働けるのも魅力ですね。
擬似恋愛を楽しむのではなく、あくまでもバーテンとお客さんというストイックな関係が、逆に居心地がよく多くの男性客を虜にして通い続けさせる理由なのです。 だからこそ、最近ではガールズバーの求人が女の子に人気なのですね。 とは言っても、キャバクラであろうとガールズバーであろうと「失敗した」と思うことはありますよね。 仕事としてナイトワークを選ぶ際はガールズバーもキャバクラも求人数が多い成功するキャバクラ求人サイトを見るようにすると間違いないでしょう。
先日、メイドカフェの類の店に行った時の話ですが、私のイメージとは違い、メイドバー的な感じの運営をしていました。服装的にちょっと気まずさと言うか、萌える物は無かったのですが、接客時に(立ち話ではありますが)、お酒とトークとのバランスがちょうど良いかも?と感じました。
また、料金も普通のバーと同レベルですし(20分1000円でした)、そこではジーマ等の瓶の飲み物も飲み放題という事から、飲み手としてもある程度満足できる感覚で楽しめました。
と言うことで、最近のメイドバーは私のイメージするガールズバーになっていたという報告でした^^;